Factoring

運転資金を素早く確保したいときに役立つのがファクタリング

ファクタリングなら支払期日に小切手や支払手形を出されても安心!

企業間の取引において、売掛金の回収は現金振り込みには限りません。支払に小切手や支払手形を振り出されるケースもあり、現金化出来るタイミングがさらに伸びてしまうこともあります。
結果、支払資金の回収が予想外に長くなり、自社の資金繰りも悪化してしまいます。ですが、ファクタリングならファクタリング会社から手数料を差し引いた代金を前払いで受け取ることが可能です。さらに、契約次第では小切手や支払手形への支払として、譲渡するということも可能です。小切手や支払手形は、現金化可能になるタイミングがどんどんずれます。しかし、それ自体は現金と同じものと見做されるため、企業間の支払にも利用出来ます。
上手く利用すれば、ファクタリングを利用する方が期日到来前の支払手形でも、手形の割引手数料よりもファクタリングの手数料の方が安く済むこともあります。また、手形という現金と同等の支払方法を上手く運用しつつ、小切手や手形が利用出来ない企業の売掛金を効率良く現金化することで、キャッシュフローが大きく改善される可能性もあります。
特に中小企業にとっては、小切手や支払手形という支払方法を採られることは資金繰り面でのリスクを伴います。一見すると3社間ファクタリングは、企業との信頼関係にデメリットが感じられるものの、取引先の資金繰りも気にすることなく、取引先も小切手や支払手形に頼らずにすむというメリットが生まれます。