Factoring

運転資金を素早く確保したいときに役立つのがファクタリング

ファクタリング会社に取引情報が漏れることを嫌う企業も!

ファクタリングにより売掛金の売買することは、企業間の信頼関係に影響を与えることがあります。売掛先にとっては、支払能力を疑われたということだけでなく、取引先の資金繰りの危険性を気にすることもあります。最近では、ファクタリングの知名度も浸透し、新たな資金調達方法として理解が得られているものの、取引先によっては取引情報が第三者に漏れたと判断する可能性もあります。
企業間の取引においては、機密事項が含まれ機密保持契約がされていることもあります。特に製造メーカーにとってはOEM先を非公開にすることで、製造元に直接的にクレームや品質保証リスクを与えることを避けたり、共同研究により製品開発をすることもあります。そのため、ファクタリングを利用する際は、機密保持契約を締結している契約先は可能な限り避けることが必要です。もし、どうしても資金繰りが厳しくなった際は、2社間ではなく3社間のファクタリングとし、相手の同意を得る方が良いこともあります。
機密保持契約がありながら、契約に関係の無い会社が入り込むファクタリングは安易に自社で判断しないことをおすすめします。取引基本契約書には、支払方法についても記載があるため、厳しい会社ではこれに違反する行為と見なうケースもあります。現在の社会は、情報管理が重要視されるため、ファクタリング会社の情報管理能力も確認するのがおすすめです。